なぜ毒親は治せないのか。毒親とは「親は偉大である。」という風習を利用した愛情中毒者であるから。





[スポンサードリンク]




 

f07fed33f445de3d8613a207d6536691_s

あれもしろ、これもしろと過干渉な毒親。

親の立場だからって子どもになんでも指示していいはずがないのに、自分の物だと信じて疑わない親は多くいます。

どうして毒親になってしまうのか、どうして毒親は治らないのか。

僕の経験も踏まえた、毒親が治らないこの状況について解説していきます。

 

 


[スポンサードリンク]

 

 

毒親が治らない原因

親自身が受け継いだ風習や世間体を恐れているため

42997e335aa09fea8276fcd294e1f8d8_s

男が指輪をつけるなんて女々しいとか、女は家事だけやっていればいいという、どこかアマゾンあたりに住む先住民族のしきたりと同じような、何も考えずに従わないといけないルールが、日本に根付いています。

「なんで?」と聞いても、「そういうもんなんだ。」という答えになっていない答えしか返せない。なぜなら親自身もそうやって自分の親や世間から教えられたから。

それに反することをすると、世間から白い目で見られる。常識や当たり前から逸脱した奴に関わると、こっちまで迫害されるから避けられる。

そういった「なんとなく」で続いている風習の一つに、「親は偉大である。」というものがあるために、毒親という存在が昔から形成され続けてきたのだと思います。

子がどんなに意見しようと、「黙って親の言うことを聞け。」、「親には感謝しないといけない。」という風習でゴリ押しできる。

アメリカの人種差別と同じですね。白人は黒人より優秀であり、バスに白人専用の席があって、それに座った黒人が逮捕されるという理不尽な事件。

もっと前で言えば貴族制度があったヨーロッパで、何をやろうと貴族は正しい。たとえ殺人を犯しても貴族だから許される、という俺ルール。

これらと同じように、いつからあったか分からない昔からの風習がなくならない限り、毒親という存在もなくなりはしないと思います。

「親は偉大だから、偉大であるように振る舞わないといけない」、と思ってとりあえず怒鳴っとこうという感覚で怒る親たち。

「とりあえず殴っとけばいいだろう」という軽い気持ちでやる体罰。

「だってみんながそうやってきたんじゃないか。」、毒親は内心そう思っています。

「だからお前も結婚して子どもができたら、同じように怒鳴ったり殴ればいい。」、とも思っています。

実際、僕も自分の父親にそう言われました。

 

ストレスの管理は自分とは無関係だと思っているから

e5023d68b4d7a2eb569b155328153dc2_s

仕事や日々の生活によるストレスがどれだけ、生きるための人格を形成させるかをまるで他人事のように思ってしまっている毒親がいます。

毎日が仕事で忙しくてストレスを抱えたまま、家に帰ってご飯を食って寝るだけ。家族との関わりは文句か怒鳴るだけ。

生活とはここでは睡眠、食事を主に指します。

大して寝なかったり、いびきをかこうが生活に支障はないし、ご飯なんかその辺にあるもの食ってればいいっしょ、という人たち。

自分がカッとなって怒鳴ったり、殴ったりしてしまうのは、単純に子どもが悪いことをしたからであって、自分は一切悪くない。

「なんで冷蔵庫を開けっぱなしにしているんだ!!!」と怒号を上げると同時に殴ってくる父親。

この父親は、「子どもが冷蔵庫を閉めてなかったんだから怒って殴るのは当然だろ」、と自分に原因がないと思っているので、たとえ子どもが今後、冷蔵庫を閉め続けたとしても怒号と体罰はなくなりません。

「いつまでテレビを見てるんだ!!!宿題はやったのか!!そんなんで社会に通用するとおもうな!!!」とテレビの電源を切って、リモコンをガチャン!と机に放り投げる。

じゃあ宿題を終わらせてからテレビを見るようにしよう、と正しても親はまた怒鳴ってきます。次はなにか。

「おい!!なんでこのペン捨てたんだ!まだ使えるだろ!!!物を大切にしろ!!!」

「いつになったら食い終わるんだ!!みんなお前が食べ終わるのをいつも待ってるだろうが!反省もできんのか!!」

「いつまで起きてる!!子どもは11時には寝ろ!この不良が!!!」

「社会は厳しいんだ!!!お前が親の言う通りに聞けないなら、どこへ行ったってやっていけるわけがないからな!!」

「どうして親の気持ちがわからない!!お前を愛しているからこそ言ってやってんだ!!よその人間になら言わないんだから、ありがたく思え!!!」

「お前なんか初めからいなければよかったんだ!!お前なんか死ね!!!」

 

さてこの父親のヒステリーは治るのでしょうか。むしろエスカレートしているような。

子どもをストレスのはけ口にしてしまっています。

「親」や「愛」という言葉を利用して、好き放題やって、なおかつそれが正しいと疑わない父親が、毒親という自覚すらも持てるのでしょうか。

だから毒親は治らない。

「自分は毒親じゃない。子どもを愛しているだけ。愛してるんだから分かってくれ。これが親なんだ。お前が悪いだけだ。お前が悪いから、怒鳴らないといけないじゃないか。言うことを聞かないから殴って躾けるんじゃないか。どうしてわかってくれない?親のせいにするのか?お前は自分勝手な人間だな。そんな子に育てた覚えはない。お前なんか生まれてこなければ良かったんだ。俺の子がお前じゃなかったら良かったんだ。早く死ね。死んでしまえ。俺の視界に入ってくるな。」

毒親の頭の中は怖いです。

 

自分の感情をコントロールできるのは自分だけです。自分の肉体をコントロールして、感情をコントロールする。

だから自己管理しないといけない。食事や睡眠をおろそかにしない。

予定を詰め込みすぎない。頑張りすぎない。なんでもできると思って欲張らない。

それができない親は、この日本に圧倒的に多くいます。

自己管理すらできないのに、子どもを作って上の立場に立とうとするなんてね。

 

世間が「家族」というものを無条件で素晴らしいと認識してしまっている

112380

不思議なことに、日本という国は親子というつながりを、いかなる理由であろうと続けるべきだと考えている人たちが圧倒的に多くいます。

「嫁が夫からDVを受けて苦しんでいる」、という悩みに対しては「別れたほうが良い」、「別居すべき」という解答があっさり出ます。

それなのに、「親からの体罰、怒鳴り声が辛いです。」という子どもの意見に対しては、「でもね・・・。親は子どもを愛するあまりにやってしまうの。」という意見になってしまいます。どちらも同じ被害なのに。

家族を題材にしたテレビやドラマなんかでもそうです。家族は幸せの象徴。

「なんだかんだで家族っていいよね。」というあらすじで構成されているものばかり。

クレヨンしんちゃんの映画なんかがまさにそれに当てはまります。「家族がいればどんなことだって乗り切れる!」という美しいシーンで話が締めくくられる。

僕はそういったクレヨンしんちゃんの製作陣の意図が理解できないので見れなくなりましたが、世間の人たちはそれを「うんうん。」と納得して満足する。

それと同じように、親を殺したいと本気で嫌悪している子どもですら、いつか親の気持ちがわかって和解できるものだと、世間の人たちは信じてしまっている。

どんなことがあろうとテレビのドラマのように、最後は親と子で抱きしめあい、「ごめんね。」と言ってお互いが泣きあう。

それがハッピーエンド。その光景を見る人たちも「良かったね。仲直りできて」と一緒に涙する。そんなオチを望んでいる。

だから親子関係の溝を楽観視しているし、なぜか子どもにばかり「親のことを分かって。」と言ってしまっています。

これも毒親が治らない原因の一角を担っているものだと、僕は感じています。

割れたガラスは元には戻りません。目に見えない人間関係が、なんでも元通りにできるなどとは思わないことです。

 

 

毒親と似ている人たち

メンヘラ彼氏、メンヘラ彼女

メンヘラとは「自分は相手に何もしてあげないのに、相手には何でも要求する人たち」のことで、恋人になったことでそれが発覚するのがメンヘラ彼氏、メンヘラ彼女です。

この人たちと、毒親は近い性質を持っています。

メンヘラ彼氏、メンヘラ彼女は恋人という立場を利用して、相手にあれこれと要求し、愛情を貪ります。

「俺は働きたくても働けないんだ。お前が金を持ってきてくれ。じゃないと俺は死んじゃう。俺を見殺しにするのか。俺はお前をこんなに愛しているのに、お前は俺を愛してくれないのか。」

「お前が俺のことを愛しているなら避妊なんてしなくていいよな?でも子どもができちゃっても俺は知らないからな。勝手に堕ろしとけよ。」

「私はあなたのことをこんなに愛しているのに、自分のことばっかりで、私のことなんか気づかってくれない。どうして昨日の夜、返事してくれなかったの。夜は必ず電話するって決めたでしょ。最低。」

「どうして私にやさしくしてくれないの。私が仕事でどれだけ辛い思いしてるかもわからないの。彼女が辛そうにしてる時に思いやるのが彼氏のやることじゃないの。もう私、どうしていいかわかんない。」

毒親と同じように、自分が抱えているストレスのはけ口として相手にぶつけてしまっています。

相手のあら探しをして、それを追求する形でぶつける。相手がいくら悪いところを治しても、メンヘラ本人が治らない限り、トラブルが絶えることはありません。

 

ストーカー

「俺はこんなにあいつを思っているんだ。きっとわかってくれるし、別に悪いことじゃない。」と追いかけまわしたり、電話やSNSで粘着してくるストーカーも毒親と同じ気質の持ち主です。

とにかく一方的に、与えてやっているとストーカー本人が思っているので、周囲の指摘がない限り治ることがない。指摘があっても認めない。

「愛情」という言葉を自分の行いの大義名分に利用しているだけで、ストーカーが行き過ぎて相手を殺してしまっても、それは「愛しているから」、で片付けてしまう。

毒親と同じ、愛情にすがる自分をコントロールができない低質な人間です。

 

 

まとめ

毒親というのは愛情というドラッグをやめられない麻薬中毒者

51c2b06617dfd3a60995b3b48768a846_s

毒親に似た人たちがメンヘラとストーカーであるように、愛情を他者から受け続けることをやめられません。

しかも初めにもらった愛情では足りないので、どんどんと吸い続ける量は増していきます。

愛情が尽きれば、禁断症状が出る。

イライラする。暴れたくなる。この怒りの矛先をどうしてくれる、と。

そして許せない気持ちで心が満たされる。「許せない、あいつが憎い。俺を愛さないあいつが憎い。」

なので、毒親ってのはメンヘラと同じです。

自分の管理もできないまま、親になってしまった哀れな人たち。

その毒親との接し方は、関わらないことです。

そして毒親の遺伝子を受け継いでしまった子どもは、その遺伝子を矯正するために自分の時間を使ってください。親と同じことを繰り返さないために。

自己管理ができてないうちに、子どもを作るのはやめてほしいです。

その子どもが親にとっての大麻、愛情を得るためのドラッグとなってしまうから。

 

 




[スポンサードリンク]






家出メルマガを発信中

いとうあきらのメルマガ
お名前(ペンネーム可)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 
ブログとは別にメールマガジンも発信してます。家出に関することを中心に書いてます。

・家出をしたいけどできない状況にいる
・どうしても家出がしたい
・家出中でどうしたらいいのか不安、わからないことがある

上記に当てはまる方のみご登録ください。定員100名にしているので、家出をできればしたい程度の方はご遠慮ください。



ブログでは書けないことだったり、僕自身の家出体験について詳しく書いているので、家出に本気な方のみにお伝えしていきたいと思っています。

上のちっこいオレンジの枠にお名前とメールアドレスを入力すれば登録できます。

もしメルマガを解除したいときは以下のリンクから解除をしてください。

https://mail.os7.biz/del/FUrx



登録ボタンを押して「申し訳ございません。ただいま登録できません。」と書いてあったら、定員に達しているので後日登録し直してみてください。

定期的に整理しているので、運良く登録できるかもしれないです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. 匿名 より:

    もうすっかりなんにつけても、何をやるにしても自分に自信が持てない人間になってしまってね。
    唯一、この才能はあるんじゃないかということに打ち込んでもそれすらも信じられない結局否定しては投げ出してしまう。
    俺はあの時、包丁を背に両親が眠る寝室に入って、眠る両親の前に立ったんだ。
    幼いながらもこの二人が異常であることを感じてたんだと思う。
    あの時、殺していればこんな人生にはなり得なかっただろうね。
    もし、人生に分岐があったとするなら、あの時に殺すかどうかだったんだろう。
    今となってはもう遅い。ただ両親を焼却炉に放り込んで悶える様を日々想像するような毎日。
    お願いだから早く死んでくれ、お願いだから。そればっかりで。
    両親から逃げる、それはつまり自殺を決行するということ。
    あいつらは己が幸せを求めてこ作りに励み、自分はさぞ素晴らしい母親で父親であるとまるで信じて疑わない。
    本当に恐ろしい。あれらは果たして本当に人間なのだろうか。
    もし、僕が逃げ出すことに成功したら、あれらは素晴らしい両親のつもりでいるので泣くのだろう。
    葬式を上げるなと遺書を残しても上げるだろう。
    あれらが泣くのが憎らしい、あれらが息子を亡くした哀れな親として周りからいたたまれるのが憎らしい。
    自殺とはなんて親孝行だろう。憎らしくて死にきれない。死後の世界に地獄があるなら、あの豚めらとまた地獄で一緒になってしまうのだろうか。
    ああ、基地外がこんな時間に料理を始めたよ。
    あの時に殺していれば。殺していれば。
    人生ってさ、本当はとっても楽しいものであるはずなんだと思う、きっと。
    殺していれば違ったなんてさ、神様がいるんだとすれば、あの時の僕に包丁を握らせたのは神様だったのかもね。

  2. 匿名 より:

    まったくだ

  3. 匿名 より:

    いじめられてた中学の時、子供の気持ちより世間体のほうを気にして
    無理矢理学校に行かせようとした両親を未だ許せない

    許せるわけがない。当事者は自分たちが何をしたのか全く自覚してないし
    私の精神はあの時からもう10年近く病んでいる

    当然、旧時代的価値観に捕らわれてる家庭の周りには
    似たような人間しかいない

    私の傍にはうつ病しかいない

    • 匿名 より:

      >匿名さん

      私も同じ。あなたの身に起きたことを具体的に知っているわけではないし、本当なら同じだと言うことすらおこがましいかもしれないけど、ごめんなさい、似た思いの人がいるんだなって安心した。本当に、一言一句私が思ってることと同じです。

      私がいじめられて頭からゴミ箱かぶせられたりしてたのに「はあ?お前の被害妄想だろ」と言って無理矢理学校に行かせ、私がいじめられていたことも忘れた親が許せない。
      今はもう法に触れずに死ぬまで追いつめるか、もう疲れたしあんな人たちのためにこれ以上楽しくない時間を増やすのもごめんだから逃げるか、どうしようかなって思ってるっすわ。
      つって親今無職だから私が逃げれば普通にそのうち野垂れ死ぬと思うけど。
      親が憎いってリアルじゃなかなか言えないんですよね、同情されたりぬくぬく育ってきたくさに説教してくるバカもいるだろうから。

  4. 当麻紗綾 より:

    私は高2の時、高2全部のクラスからいじめを受けていました。
    長じてそれを毒母に言ったら
    「何でその時言ってくれなかったの?」

    あのですね…私とあんたはその頃、一番いがみ合ってた時じゃないですか。
    「お前は間違ってる」と言われ続けた、あの頃。
    あんたは私の言うことなんて一切耳を貸さなかったわけだが、何か?
    いじめに遭ったと訴えても
    「お前が悪い」「バチが当たったんだ」としか返ってこないのが
    火を見るより明らかだから、言わなかったんですよ。

    毒母と毒弟、決して自分から折れる事のない連中。
    根拠のない自信は、一体何処から来ているんだ?

  5. 匿名 より:

    検索でまさにそのようなサイトが先に引っ掛かってきます。ttp://tokutyou.com/tokutyou/958

    親はあなたを愛してる

    …アホか。親が愛してるのは親自身、つまり自分だけだよ。

    私もずっと同じことを感じてきてました、そして縁を切って10年以上になるのかな。
    親に限らず嫌いな人とは関わらないようにするのが一番。

  6. 当麻紗綾 より:

    毒母が愛してるのは、自分自身と金だけです。
    金が減る事に関しては、まるで自分の血でも盗られるかの如く
    ぎゃあぎゃあわめく、悪態を付く、悪感情をぶつける。
    これは毒弟ではなく、全て私に怒涛の如くぶつけて来る。
    今月支払いのせいで本当に金が無いから貸して(この時点で私も阿呆だが)と頼んだら、
    ハゲタカの様にわめいて「死ね」と抜かしやがった。

    電話をかけて来て悪態を付くので
    「自分に言われたら腹立つくせに、私に言った酷い事は忘れるんだね」と言ったら、
    見事に無視しやがった。
    そんな事言うくせに「地元で仕事探さなきゃね」とは…よく言うよ!
    愛用のサンドバッグがいなくなる事が、そんなに嫌かね?
    これで地元脱出決定だ。黙っていなくなってやる。
    今回は心の底からウンザリしたので、もう絶縁だ。
    せいぜい毒弟と仲良くやってくれ。

  7. 当麻紗綾 より:

    連投失礼します。

    毒母が「私の金」とがっちり握って離さないのは、亡父の保険金です。
    その金に関しては、毒母は1円たりとも関与していません。
    そのくせ毒弟には、離婚の裁判で300万もくれてやってる事を忘れています。
    (毒弟は月35万貰っているのに、毒母に毎月1~2万ずつしか返済していない)

    毒母と毒弟は、本当に地頭が悪いです。
    毒母と毒弟は高卒ですが、学歴関係なしに
    (毒弟は6浪して、地方の底辺大の2部にしか受からなかった真性馬鹿)
    救いようのない馬鹿だと思います。

    6浪って…現役で合格していれば、医学部系を除けば修士課程修了ですよ。
    毒弟に6浪もさせていた、亡父と毒母にすごく責任があると思います。
    私の時は「1浪だけだからな!」と言っていたくせに。

    こんな連中を「父母を敬え」だの「7の70倍許せ」だのと教えてる
    キリスト教はどうかしています。
    私はイエス・キリストの様に、神の御子では無いので無理です。

    だけど…私が金を儲ける様になったら、毒母と毒弟が集りに来るんだろうな。
    あいつらただの馬鹿ではなく(ただの馬鹿の方が何兆倍マシか!)、
    「私の金は私の物、お前の金も私の物」と発想できる
    特殊な脳味噌を装着してるからな。

  8. 匿名希望 より:

    親の心子知らずって言葉があるけど、逆が無いのは何故だ?理解出来ない。日本の親崇拝気持ち悪すぎる。

  9. 匿名 より:

    自分が親になって分かる。
    子供は親の都合で生まれるんだよ。
    何才だろうと、人形なんかじゃない、1人の人間なんだよ。
    だから、私は母の様な育て方は絶対しない。
    小さい子を家に残して、男遊びに走らない。子供の全てを否定しない。
    子供に対してだって、感謝する事、尊重する事の何がいけないの?
    子育ての方針?
    私みたいな人間にしない事だよ!

  10. 匿名 より:

    性行為をすれば、誰でも親になれるっていうのが今となってはネックだよね。種の繁栄的にはそりゃあいいけど、人間にとってそんな時代はとうの昔に終わっているわけで笑。
    自分は、親に虐待されているという訳ではないが、親に人生を狂わされた。そして、親はそれを認めず、今なお追い討ちをかけてくる。お陰で病気にもなり、心身共にズタボロだ。自殺しようと何度も思い立ったが、いざ死のうとするとどうしても勇気が出ず、今もこうして生きている。どうせ死ねないし、一人で生活していくお金もないのならば、親を利用できるだけ利用しようと思い、今日まで生活してきたが、とうとう怒りが頂点に達し、それを爆発させてしまった。家を出ることになるのも時間の問題と思われる。行く当てはないし、お金もないが、やれるだけやってみようとは思う。みんなも辛いだろうが、共に頑張ろう。

  11. 匿名 より:

    私も頑張ります。

  12. 匿名 より:

    とてもわかります!自分も自分で買った物なのに親に言われたり、自分で買うのに親に止められてりして、しまいにはゲームを破壊すると脅してきます。もうまじで親死ね。早く家を出て行きたいです。

  13. 体力が続かない より:

    私、自分の進路を決めなければならない時期、自分が進むべき方向性、つまりどんな関係の仕事にするか、決断する時に、頭の中で家族を切り捨てました。
    家族がいない世界で、天涯孤独な自分を想像した時、何を心と生活の糧にするか、イメージしました。
    その決断後、お金を貯めて、家を脱出してから毒親の心の治療が済むまで10年かかりました。許すというか、親は自分とは違う人生を歩む人で、その生き方に良いとか悪いとか、判断する必要はないです。
    ただ、ひとつ、知っていると良いことは、子どもは幼いとき、育ての親を無条件に尊敬するものであり、基本となる価値観は、親から見習っていることです。親を憎むことは、その価値観がベースにあり、また、親に期待していた証です。
    この関係だけは、残念ながら、断ち切れないです。

  14. 匿名 より:

    30代後半ですが、何をやっても、惨めな気分になります。
    小さい頃に、父から、いかに父自身が素晴らしいか、いかに私は何も知らない愚か者かを教えられて来ました。

    人の何倍も努力してるのに、空回りです。
    自分は大したことない人間だという気持ちが染み付いています。

    今、投資の勉強をしています。
    自己重要感を高めて100億円稼いで、毒親に苦しむ人たちを助ける。

    毒親に苦しんで来た人たちのほとんどは、経済的に苦しんでると思います。

    毎日のように無料カウンセリングをして、傷を癒したい。

    毒親が生まれてしまうような、この歪んだ日本を、伸び伸び笑って生きられるような国にしたい。

  15. 匿名希望 より:

    毒親かどうかわからないけど
    機嫌がいいときと悪いときの差がありすぎて
    親を受け入れられない。
    小さいころは私が言うことをきかないと
    ご飯もうつくんないわよが母の口癖だった。
    私が家事をやっても、散らかすな、出来てない
    の否定の言葉で育った。
    姉がなにも言わず1人暮らしを決めたのも今なら
    わかる。
    不機嫌な顔を1日している母
    その原因は私のせいなのではないかと小さいときから
    思っている。
    母が機嫌がいいときには母に合わせその機嫌が長く続くように
    行動していた。
    母は機嫌が悪いと大声で、
    大きな動作音をたてて行動するので、
    おさまるまで身を潜めていた。

    親のせいにするわけではないが
    自分に自信がもてないこと
    人の顔色をうかがって行動することの
    原因の一つだと考える。

  16. 今すぐタイムマシンに乗って、当時の皆はんにハグして毒親と毒親を黙認した大人を殴りに行きたい。

    某家族愛アニメ映画を観てて、こんな家族が欲しかったという意味で泣きます。

  17. 匿名 より:

    みな、ありがとう。考えが整って、気持ちは休まった。

  18. 匿名 より:

    お前を育てるのに人の倍の金がかかったのだと言われ続け、30過ぎても通帳を取られてました。18から働いてますがそれまで働いた分のお給料はあきらめ、別口の通帳を作りました。親には親不孝だ!と罵られましたが、私の社会人人生は今からだと思います。がんばります

  19. 匿名 より:

    まだ中1だから逃げらんないかなぁ…。お父さん(?)から逃げてきたのに今度はお母さん(?)、おばあちゃん(?)からも逃げるのか…。うちのお母さん(?)放置してんのに時々母親ヅラするからマジウザイ。殺してやる!って思ってたけどアイツの性格考えると私が死んだ方がダメージデカそう。周りの目がぁみたいな。タイムマシンに乗って産まれた瞬間に戻って殺してこよう!自分を。

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑