毒親に復讐すべきか。子どもに選べる4つの選択肢 「殺す」、「苦しめる」、「逃げる」、「許す」





[スポンサードリンク]




 

38ed1abdd5d3d884a35b39fb3d9f1da2_s

「あんたのためを思って言ってんのよ!!」とヒステリックに叫んだり、殴ったりしてくる親。

「これが常識だ。」、「お前はどうしようもない人間だ。」と自分の狭い価値観を子どもに押し付ける親。

子どもの人生を好き勝手いじくり回して一方的に終わらせたこの帳尻をどう合わせるというのか。

過去に親に受けてきた仕打ちを、どう復讐すべきか、選べる選択肢を考えてみました。

 

 


[スポンサードリンク]

 

 

殺す

6264152eb05d4b38ff682e907cad66f0_s

毒親の息の根を止める

毒親と関わっていない間でも抑えきれない憎悪と苦しみ。

それを晴らすために殺したいと考えてしまいます。

「殺した後のことなんかどうなろうと知ったこっちゃない」、とまで思えるならガチでやれるかもしれない。

よく「復讐は虚しい」と言いますが、それは復讐を成し遂げて、今までの憎しみの根源が消えるからです。

それを無意味と言ってしまうのは欺瞞じゃないかなと思います。

なので、殺したきゃ殺せばいいと思います。

僕個人としては殺すよりも苦しめるほうを選択したほうが、復讐してる感があるので、そっちをおススメするかな。

よく映画なんかで散々悪事を働いた悪者が、主人公にあっさり殺されてるシーンなんか見てると、「なんかずるいなぁ。」と思います。

監禁したり、拷問したり、殺したりしてきた悪人たちが、主人公のど派手なアクションシーンでズドンと1発撃たれて死ぬ。

「えー、こんなんで許されるんかい。」と納得いかねー

「死」って「解放」だと思うんです。この世の苦しみをもう味わうことなく、脳が動かなくなってあとは土に還るだけっていう。

あっけなく死ぬとかズルい

 

 

苦しめる

肉体や精神に何年、何十年と気が済むまで痛めつける

一言でいえば、「嫌がらせをする」ってことですね。

五感に基づいた不快感を与えたり(悪臭、騒音、殴打など)、毒親に直接、存在を否定し続けたり。(お前みたいな親から生まれるんじゃなかった、など)

もしくはボコボコに殴って一瞬で終わらせるだけってのもいいかも。うっかり殺してしまわないように注意です。

世間では「復讐は復讐を生む」、だの「復讐は悲しいだけ」だの、なにを根拠にそう言い切れるのかが不思議です。

 

 

逃げる

e198dc823ac718b44f6654e1f338fe07_s

毒親の存在を忘れてしまう

「逃げる」という表現だと誤解を生んでしまいますが、要するに「関わらない」ということです。

親のいない環境に身を移して、ストレスの根源を絶つやり方。

僕が今とっている選択肢がこれです。

16才で家出し、そのまま旅をして日本中を見回っています。

近いうちに世界も見てみたい。特に中国とアメリカに行ってみたいです。

インターネットも普及しているので、色んな人と交流してみたい。海外のゲームをしたり、マンガを読めるようになりたい。

毎日遊べる環境にしたい。だからお金を得る仕組みを整えたい。ゴロゴロしててもお金の入る流れを作りたい。

と、知りたいこと、やりたいことが多くて親に関わりたくない状態です。

家出をしてから1年間ぐらいは毎日殺してやりたいと思ってました。

それが段々、どう痛めつけてやるかに思考が変わり、9年経った今はもう風化してきてどうでもよくなってきています。

でもそれでも時々、悪夢で親が出てきて、胸くそ悪い目覚めになることもありますが、「部屋暑かったかな。」と思ってクーラーをつけて30分ぐらい心を落ち着かせてます。

時折、頭に浮かぶ親への苦しめ方を考えているときは、「あー、今イライラしてる。ちょっと水でも飲むか」と自己管理が疎かになってる基準として判断するようになりました。

自分が今抱えているストレスに比例して、親が頭の中に登場しやすくなります。

そして復讐しているイメージを何度も何度も繰り返す。

こういった自分が嫌なので、やる予定や習慣を減らしたりして今の時間を大切にするようにしています。

そうやって何年も時間をかけて忘れていく。

記憶からも、感覚からも親と言う存在が消えていく。

今も時々思います。「あの人間たちは本当に俺の親だったんだろうか。」と他人事の、夢だったかのような感覚に陥る時があります。

ま、それでも鏡に父親そっくりの自分の顔が映って、ため息が出るんだけどね。やれやれ。

血を見るのが怖いので殺せないし、警察に捕まって刑務所に入れられたくない臆病者の1つの意見として参考になれたら幸いです。

自分にはやりたいことがあったり、復讐する度胸がない人は時間をかけて忘れるのがいいと思います。

それが一番良い選択だと僕は思います。

むしろ毒親から受けた毒によって、タフになれたとも思ってます。(笑)

そこらへんの人よかポジティブに、自分勝手に生きられてるので楽しいです。

 

 

許す

毒親の過去をすべて容赦する

今まで自分が受けた仕打ちを許す。

親にも辛い思いがあっただろうし、親なりの考えがあったんだろう。と同情して許す行為。

ただし、これは親に罪の意識がある場合に限ると思います。

親が「自分のやったことは当然だ」、と思っているのに、許すという表現はなんだかおかしい。

この「許す」という行為は世間では美しい、素晴らしいものと評価してますが、僕はこの選択をした人をあんまり好きにはなれません。

自分が散々受けてきた苦痛を自分が抱えたまま終わりにするってことですから。

許したつもりでも、忘れることはできないので、今後も永遠に自分を苦しめることになります。

親を許す前に、自分の気持ちを優先的に考えないと、苦しい気持ちがずっと残り、何かと衝動的な暴力に走りかねません。

 

 

まとめ

どの選択を選んでも、苦しみは終わらない

親を殺したら新しい不安が生まれます。

殺して血を見てトラウマになったり、世間から罵られたり、今までの人間関係が崩れたりなどなど。

そして親を苦しめるという選択肢も、同様に自分にも苦しみを与えます。

相手を苦しめてる時って、復讐してる側も結構しんどいんですよね。罪悪感とか自己嫌悪に耐えないといけない。

親と一切関わらないで忘れるようにしても、記憶から完全には消えないでしょう。見たくないのに、悪夢として脳内に勝手に再生される。ポンコツ頭。

親を許しても時折感じる欺瞞に、やっぱり許せないと思う時がきます。なんで自分ばかり、ってね。

 

だから僕としては、自己管理をして負の意識に頭がやられないようにするのが最善の道かな、と思ってます。

睡眠食事を確立し、静かに過ごせる環境を作り、なるべく予定を作らずのんびり生きる。自分だけのために生きる。

これを年単位で続けてみてください。最初はつらいですが、少しずつ復讐心は薄れていくと思います。

僕自身、「どれだけ自己管理が生きる上で重要なのか」ということが、毒親から学べた教訓の一つです。

あとは「自分以外は他人」ってことかな。家族という単語がすごーく嫌いです。にっこり

 

 




[スポンサードリンク]






家出メルマガを発信中

いとうあきらのメルマガ
お名前(ペンネーム可)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール


 
ブログとは別にメールマガジンも発信してます。家出に関することを中心に書いてます。

・家出をしたいけどできない状況にいる
・どうしても家出がしたい
・家出中でどうしたらいいのか不安、わからないことがある

上記に当てはまる方のみご登録ください。定員100名にしているので、家出をできればしたい程度の方はご遠慮ください。



ブログでは書けないことだったり、僕自身の家出体験について詳しく書いているので、家出に本気な方のみにお伝えしていきたいと思っています。

上のちっこいオレンジの枠にお名前とメールアドレスを入力すれば登録できます。

もしメルマガを解除したいときは以下のリンクから解除をしてください。

https://mail.os7.biz/del/FUrx



登録ボタンを押して「申し訳ございません。ただいま登録できません。」と書いてあったら、定員に達しているので後日登録し直してみてください。

定期的に整理しているので、運良く登録できるかもしれないです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. しをん より:

    とても共感できます。
    私は自分が結婚してから出来た家族(夫と子ども達、義母)以外家族とは思ってません。

    ときどき思うのです。私の生みの親はどこかにいて、何か事情があってあの毒親どもに預けたんだと。顔が毒親どもとよく似ていようが、DNA鑑定で実の親と証明されようが自分の親として認めるつもりはありません。

    いつも毒父を殺したいと思ってました。今でも毒父が死ぬことを想像すると気分がスーッと楽になります。自分の手で息の根を止めてやりたいけれど、絶対に自分の手を汚してはいけないと思います。
    クズ親のために自分の人生を棒に振りたくないので。

    私は今、時間をかけて毒親どもへ復讐をしています。じわじわ金を吸い取ってやるつもりです。表面的にはニコニコして毒親の子を演じてますけどね。

    もし、自分の親を殺したいと思ってる人がこれを読んでいたら伝えたいです。さっきも言ったけど、絶対に自分の手を汚してはいけない。自分の人生を棒に振ってはいけない。毒親どもは回り回って大きなしっぺ返しをいつか必ず受けるから。待ちましょう。

    こんなことは誰にも言えません。人に言ったら、私がイかれてると思われます。私がイかれてると思う人はきっと素晴らしい親の元で育ったんでしょうね。

    アダルトチルドレンの苦しみに終止符は存在しないのです。

  2. 匿名 より:

    逃げるを実践しました。
    でも復讐もしたい。それは、私が不幸であることだと思います。何だかんだで結局私が幸せになれば、子育てに成功したと勘違いするんじゃないかというのが嫌。不幸でいれば、親が罪の意識を持つんじゃないか。でも、不幸にはなりたくない。だから、一切の幸せな情報を漏らさない。でも交流のある親戚から漏れてしまっているようで、なかなか思い通りにはいきません。そもそもこの復讐も意味のないものかもしれません。私だったら、自分の子が不幸であることは自分の責任であり、悲しいこと、申し訳ないことと思いますが、私の親は私と同じようには思わないでしょうから。

    「やっぱり逃げるが勝ち」ですね。

  3. 匿名 より:

    とても救われました。
    母は人格否定、ずっとされてきました。ほんの少しでも考えが違うだけで「お前はホントに言うことをきかないね!私の言うことにはい!はい!って何で言えないの!?かわいくない!!あんたなんて産むんじゃなかった!!」と、幼い頃から良く言われていました。母が褒めるのは、私が誰かに頭が良いと褒められたり、生徒会役員をしてるからすごいと褒められたり、部活の部長しているからと褒められたり、とにかく、他人から褒められた時だけ、「鼻が高かった。育てた甲斐が少しはあったわ。」と言われました。私は自己肯定感が無い人間に育ちましたが、なんとか今も自己肯定感を安定させる為に、必死です。私の子どもにまでありえないことを言ってくることがあるので、本当に殺してしまおうと何度も思ってしまいました。でも、あんな奴の為に子どもと離れて刑務所に入るかと思うとそれは腹立たしいので、思い止まりました。
    私はとても仲の良い親友に打ち明けたことはありますが、普通の愛情ある家庭で育った子にとっては、「好きで傷つけるようなことを言う親はいないよ。」とか、「きっと何か辛いことがあったと思うよ。お母さんて普通はそんなこと本気で言わないから。」とか、自分の家の母だったら…と想定して言ってくるので、親友が悪いわけではないですが、分かってはもらえないんだな、と、悲しい気持ちになりました。それ以来、誰にもこんなことは話していません。
    結婚後急変して暴力をふるうようになったので、主人とは別れ、今は二人ですが、アダルトチルドレンからくる精神疾患に苦しめられ、私自身死にたくなってくる日があります。でも、頑張って生きていくつもりです。
    早くアダルトチルドレンを卒業できるよう、自分の幸せ、息子の幸せだけを考えて、頑張っていきたいと思っています。また、覗きに来ます。

  4. 匿名 より:

    私は毒親から逃げたいです。結婚した相手がだんだん暴力夫になったのですぐ離婚しました。今は実家から出て暮らしています。その後一年で母は病死という事になって亡くなっていますが、毒親に殺されたのだと思います。恐ろしくて毒親から逃げてます。母の二の舞踏まないようにと思います。

  5. 匿名 より:

    検索にヒットしてとても納得しながら読ませて頂きました。
    自分は今日、ちょうどこれから対決すると定めて事前準備を終えてスタンバってるところです。許す、という選択を取っていましたが増長する一方で限界を感じました。
    対決し、尊厳を取り戻す。その後は考えていませんでしたが、自分のために生きることを頑張ってみようかと思います。

  6. 匿名 より:

    読ませて頂いてとても共感し、少し心が楽になったような気がします。

    私は「苦しめる」「逃げる」の両方を選択しました。

    私の母は、私の祖父や祖母、叔父からあらゆる虐待を受けた結果、多重人格障害を患い13階建てのマンションから飛び降りました。私自身も人格否定や暴力を受けていました。父親は昔離婚して行方が分からず、助けを求める先もありませんでした。
    母が亡くなった後「家族をまとめようと前を向く愛嬌のある子供」を演じ、私を生きがいにするように仕向けた後で、突然荷物をまとめて家を出ました。

    家出後に「裏切り者」「親への感謝を云々」「売女」「いっそ死ね」「恨みは自分に返る」など手紙で書かれて反省の色がなさそうなので、あえて家族に再度接触し、更なる復讐の機会を伺っています。

    私は、どんな相手であれ他人の命を奪うことは、自分の命をもってしても責任を取りきれないことだと思っています。

    母の命を奪われた人間として、自分の命で責任が負いきれる範囲で苦しめていきたいです。

    自分語り申し訳ありませんでした。
    ありがとうございました。

  7. 美穂 より:

    父の性暴力を見て見ぬふりしていた母が 急に優しくなった。成人した今思うとまだ小さかった弟妹の為に敢えて無視していたのではないかと思う。母を想うと必ず思い出す「咲の花」という童話。母がよく読み聞かせてくれた絵本、主人公の少女が妹の晴着の為に身投げする代わり、野に綺麗な花が咲く話。母が大好きで唯一読み聴かせてくれた話です。最近、甥や姪にねだられ愕然としました。母は今あの父と二人暮し。私は

  8. 21 より:

    毒親なんぞ許さんでいいのです。むしろ許してはならん。
    二度とあってはならない事として語り継いでいかなければいけないんです、戦争みたいなもんです

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑